So-net無料ブログ作成

サンウルブズ ブルーズに勝つ! [海外ラグビー]

最後のゲームで、やってくれましたヽ(^o^)丿 サンウルブズが、あのブルーズに圧勝です!  これって、夢じゃないよね(嬉)!?


【結果】
スーパーラグビー2017 第17節
2017.7.15(土) 12時05
分K.O. 東京 秩父宮ラグビー場

サンウルブズ 〇 48-21 ● 
ブルーズ (前半14 - 21)




前半は、ブルーズのパワーと上手さで3トライを奪われ、ちょっち嫌な雰囲気。それでも、この日のサンウルブズは、果敢に立ち向かった。17分には、ラファエレがゴールポスト下にボールをねじ込み、39分には、松島→徳永→内田と繋ぎ2本目のトライを決め 14-21 で前半終了。1トライ1G差と食い下がる。


後半に入り、最初に得点したのはサンウルブズだった。14分、交替出場して早々の山中が、インゴールでブルーズの選手が処理をミスしたボールを抑えてトライ。19分、この日一番の見せ場が来た。敵陣ゴールに向かってバックスもモールに入りグイグイ押し込む。ブルーズは、たまらずモールを崩し認定トライを勝ち取り 24-21と逆転する。


24分には、茂野が相手ディフェンスの穴を突きトライを決め引き離す。後半は、時間が経過する程に集中力が増したように見えた。29分、36分とラファエレが連続2トライ、39分オリンピアン徳永がタッチライン際で相手をかわしダメ押しのトライを決めノーサイド。


いいゲームでした。猛暑の中でよく勝ちました。終わってみれば、8トライの猛攻。ニュージーランドのチームに勝ったことは、きっと選手たちにとって自信になることでしょう。ディフェンスも前に出てプレッシャーをかけ続けていました。後半は、ブルーズを無得点に抑えたのも素晴らしいです。最後まで集中している様子が伺えました。シンドイことを避けてなかったね。こんなゲームが見られて私は嬉しいよ。


さて、スーパーラグビーが終わると8月からトップリーグが開幕します。日本代表、スーパーラグビー、トップリーグと一年中プレイをすることになる選手たちへの負担が気になります。日本代表の強化を最優先に考えると、マネージメントする側には、緻密な計画と素早い行動が求められますね。


<おまけ>

後半39分 徳永のトライ後。田邉アシスタントコーチの表情に注目(笑)!!



nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

廣瀬俊朗に会う [日記、備忘録]

先日、ひょんなことから、元日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さんに会う機会がありました。

その、ひょんなことというのは、今年の4月1日に開催された明治大学アカデミーコモン オープン講座「ラグビーW杯2019年に向けて-歴史的勝利の裏側と新たなステージへ」という講座を聴いたからなんですが、その三か月後に、まさか、お目にかかれるとは思いもしませんでしたよ。本当なのか? これは、現実なのか? と自問自答してしまいました(笑)。廣瀬さん、行動早かったです。さすが!


1時間程お話しをしましたが、実に感度が良く、明るく、落ち着いていて、勉強熱心な方で驚きました。ラグビー界にこんな若者がいてくれるとは、頼もしいです。


できれば、もう少しお話ししたかったなー(笑)。しっかり、サインももらったわ。


s-DSC00434.jpg


なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)

なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)

  • 作者: 廣瀬 俊朗
  • 出版社/メーカー: 東洋館出版社
  • 発売日: 2015/12/21
  • メディア: 単行本


タグ:廣瀬俊朗
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ