So-net無料ブログ作成
検索選択

tvkで 平尾誠二追悼番組 [ラグビー関連イベント、情報など]

3月もお彼岸を迎え、桜の便りもちらほら。あ~、ぼやぼやしてたら夏だな・・・。夏嫌いのサファイヤは、既に秋のお彼岸が待ち遠しいのでした。

さて、今回も平尾誠二さんの追悼記事です。


追悼・平尾誠二氏 tvkラグビースペシャル第43回全国社会人大会・決勝「神戸製鋼vs三洋電機」

2017.3.26(日) 19:55~21:50 TVK(テレビ神奈川)

1991年、平尾誠二率いる神戸製鋼が全国社会人大会3連覇を達成した「神戸製鋼vs三洋電気」の試合の模様を、ゆかりある人物のインタビューを交えながら紹介します。

番組内容 卓越した技術と類いまれなラグビー・センスから「ミスターラグビー」と呼ばれた平尾誠二。番組では、1991年1月に平尾誠二率いる神戸製鋼が劇的な試合展開で勝利し、全国社会人大会3連覇を達成した、第43回全国社会人大会・決勝「神戸製鋼×三洋電機」を再び放送。
26年の歳月を経て蘇る記憶を、関係者のインタビューを交えながら鮮明に解いていきます。



あの伝説のゲーム「神戸製鋼対三洋電機」をtvkさんが放送してくれます。

tvkさんといえば、まだJスポーツなんて局が無かった当時、ラグビーのゲームを熱心にしてくれてファンとしては、とってもありがたかったことを思い出します。神奈川県だけあって、慶應大学のゲームは、ここにチャンネルを合わせれば大概見られました。

そして、伝説となったこのゲーム。この日は、秩父宮に観戦には行かれずテレビの前で悶絶。さすがにもうダメかと諦めかけた42分。(注意、ここからラストのネタばれ書きます。)

神戸製鋼が必死にボールを繋ぐ。ラックからSH萩本→SO藪木→CTB平尾へ。そのパスが平尾さんの前でワンバウンド。あ~、ノックオンか~~~と思ったが、ボールは平尾さんの手に。さらに右WTBイアン・ウィリアムス(当時は珍しいオーストラリアの外国人選手)に繋がり、最後の力を振り絞り、ひたすらインゴールに向かって走る。
三洋電機のWTBナモアさんに襟をつかまれそうになったが、DFを振り切りゴール中央へトライ。コンバージョンも決まり18-16で逆転、ノーサイド。

劇的です。

あんな極限状態でも冷静さを失わなかった平尾さんと神戸製鋼のタフさに、ただ、ただ脱帽です。


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ