So-net無料ブログ作成

平尾誠二さんのご親族からコメント 「応援してくださった皆さまへ」 [ラグビー関連イベント、情報など]

遅くなってしまったけれど、平尾誠二さんのご親族からのコメントです。難しい場所のガンだったんですね・・・。つくづく、惜しいと感じます。

 平尾誠二.jpg 
写真 神戸製鋼コベルコスティーラーズより 


 

10月20日に53歳の若さで亡くなった平尾誠二さん(日本ラグビーフットボール協会理事、神戸製鋼コベルコスティーラーズGM、元日本代表主将・監督)のご親族一同様から、日本協会を通じてコメントです。

 

平尾誠二を応援してくださった皆さまへ

 平尾誠二は10月20日午前7時16分に天国というフィールドに旅立ちました。
 昨年の秋から胆管細胞がんを患い、闘ってまいりましたが、残念ながら回復することは叶わず、最期は家族に見守られて、静かに息を引き取りました。10月23日に、私たち家族による密葬を済ませました。平尾の死を惜しむ皆さまの声は本人に届いていたものと思います。この場を借りて御礼申し上げます。
 平尾は体調を崩してからもずっと、GMを務めていた神戸製鋼ラグビー部の成長と、日本ラグビー界の発展を気にかけており、時には現役時代同様の鋭い眼差しで、熱くラグビーを語ることもありました。ラグビーワールドカップ2019日本大会の成功と日本代表の勝利は平尾の夢でした。見届けることができず、本人はさぞや無念であったことと存じます。
 平尾誠二は皆さまに支えられて、最期まで幸せな人生を送ることができました。長きにわたり、平尾誠二を応援していただいたことに改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。心より御礼申し上げます。残された私どもも深い悲しみの中におります。静かに見守って頂ける様お願い申し上げます。

2016年10月25日
 
 親族一同

タグ:平尾誠二
コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

神戸製鋼GM 平尾誠二さん 逝去 [ラグビー関連イベント、情報など]

ブログを始めて10年以上。まさか、こんな悲しい記事を書くことになるとは・・・。

2016年10月20日 午前7時16分 平尾誠二さんがこの世を去りました。享年53歳。

この訃報を知った時は、とても信じられず何かの間違いだと思いました。ラグビー界の「至宝」が消え、大きな痛手です。痛恨の極みです。

日本ラグビー界に、新しい風を吹き込んだ平尾さん。そのプレーは、眩しいほどの煌めきを放ち、ラグビーを芸術にまで昇華させました。これは決して大げさではなく、日本のラグビーを変えた人だと私は思います。

神戸製鋼が「万年優勝候補」と揶揄されたていた時代、林敏之さんからキャプテンを受け継ぎました。その年から監督制を廃止し、平尾さんを中心に、選手たち自身が自主的に考えチームを作っていくことになりました。そしてその年、見事に初優勝を果たしたのですが、当時を振り返り「チームの中で孤立した時期もあった」と本で読んだことがあります。

いい意味で個性的だった選手たちを同じ方向に向けさせるのは、至難の業だったでしょう。FWは、自分の対面の選手をブッ飛ばせば、ゲームに負けても自分は勝ったという時代です。それでも、バイスキャプテンの大八木さんが、平尾さんの良き理解者となり他のチームメイトたちにも受け入れられていったようです。これ以降、連覇が途絶えるまで、神戸製鋼は、監督制を敷かずキャプテン制を続けていました。チームをまとめトレーニングの方法も自ら考えて実行しました。

だから、神戸製鋼は、強かった。選手自身が、どんなラグビーを目指し、それを実現される為にはどうすればいいかを自分たちで工夫をし、それを楽しんでいた。

1989年1月、神戸製鋼が初優勝をした秩父宮での出来事。試合前、スタンドから応援をしていた私は、平尾さんをじっと見ていました。すると、フッと振り返り目が合いました。その目からは、「いいゲーム見せるから、楽しんでや」と語っているようでした。今でも、あの時の目が忘れられません。

謹んでご冥福をお祈りいたします

↓ 新日鉄釜石OB対神戸製鋼OBチャリティーマッチ 2012.9.23
 左から 大八木、林、平尾   

s-P1030756.jpg 

↓ 平尾さんから元木へパス 

s-P1030774.jpg

◎ 関連記事 
NHK  ラグビー元日本代表の司令塔 平尾誠二さん死去

日本ラグビーフットボール選手会 平尾誠二さんへ贈る追悼メッセージ。


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Twitterまとめ投稿 2016/10/21 [Twitterおまとめ記事]