So-net無料ブログ作成
検索選択

ラグビーW杯 準々決勝 結果 [ラグビーW杯、JWC、五輪7]

準々決勝が終わりましたが、ぜんぜん間に合いません。まだ観ていないゲームもありますが、観たゲームだけでもちょこっと記録として、結果をアップしてしまえぇ~。

◆10/6 15時 マルセイユ 
イングランド ○ 12-10 ● オーストラリア (前半 6-10) 

イングランドが試合開始からオーストラリアに激しいプレッシャーをかけて、オーストラリアは自分たちのゲームができない。イングランドは、どんどん前に出て相手のミスを誘い、接点ではターンオーバーする場面も。最初に得点したのは、オーストラリアだったし、トライを決めたのもオーストラリアだった。だが、イングランドは、確実に相手のペースを乱してペナルティを誘いSOウィルキンソンがPGを決めて着いていった。後半、オーストラリアは無得点。イングランドは2PGを追加し、ノートライながらも逃げ切った。イングランドのFWはラックでめくってましたね。イングランドのプレッシャーに、「あれ? あれれ?」 と、オーストラリアはワケが分からないうちに試合が終わってしまった感じでした。 

相手を舐めたとは思いませんが、オーストラリアには、どこか油断があったのではないかな? 対するイングランドは、もう負けられないという切羽詰った緊張感があり、両チームの選手たちの「こんなハズじゃないんだけど・・・」と「うりゃ~、うりゃ~、俺たちはやるぜ」ってな気持ちの違いが結果に出たんじゃないか?



このゲームでSOウィルキンソンは、ワールドカップ通算得点を234点とし、ヘイスティングス(スコットランド)の227点を超えワールドカップ最多得点記録を更新しました。ヘイスティングスのキックも、よーく決まってましたっけね。

◆10/6  21時 カーディフ 
フランス ○ 20-18 ● ニュージーランド (前半 3-13)

このゲーム、まだ観ていないので書けませぬ。試合内容は、愛好日記 10/7「カーディフの結果」をご覧ください。しかし、優勝候補筆頭だったNZが消えたのは意外でした。NZの選手たちに、慢心はなかったか? 

そんなNZに、こんな事件が。

~ nikkansports.com 10/10より ~

ラグビーNZ代表ハウレット英国で逮捕 

ラグビーW杯に出場したニュージーランド代表WTBハウレットが9日、2台の乗用車を破壊したとして滞在先のロンドンで逮捕された。同国ラグビー協会が明らかにした。

 ハウレットはホテルの駐車場にあった車の上に飛び乗るなどして傷をつけ、妻子とともに使っていた部屋にも損害を与えたという。

 準々決勝で敗れたニュージーランドの一行はロンドン経由で帰国したが、ハウレットは休暇を取っていた。

~ 終わり ~

ハウレット、いくら負けたからって、暴れちゃいけませんよ。暴れちゃ。

◆10/7 15時 マルセイユ 
南アフリカ ○ 37-20 ● フィジー (前半 13-3 )

このゲーム、フィジーが魅せてくれました! 後半、フィジーにシンビンが出で14人になった時間帯に2つのトライを挙げました。WTBの14デラサウが、センターライン付近からキックを蹴り、そのまま50m弱を走って自らボールをキャッチ。インゴールにグラウンディングし見事にトライ。これは興奮しました。その後もすぐにトライを奪い、一時は20-20の同点に。南アは、予想外に走らさせて消耗。FW勝負に出た。モールを押し込み、力づくでトライを奪い引き離す。
モールのディフェンスはちょっと苦手なフィジーが得点を許し、結果は17点差になりましたが、フィジーは、さながらセブンスのようなプレイで、あの南アも慌てさせました。WTBハバナが力強く走るシーンが見られませんでしたね。フィジーは、セットプレイが安定したら、怖いチームになりそう。これからが楽しみなチームです。

◆10/7 21時サンドニ 
アルゼンチン ○ 19-13 ● スコットランド  (前半 13-6)

このゲームは前半だけ。後半は、まだなんですぅ。なので、前半を観ての印象。
アルゼンチンは肝が据わっていました。なんだろう、あの自信は。SHピチョットいいキャプテンです。
うーむ、こんなに端折ってもいいのだろうか・・・。ま、観たら追記しようっと。

これで、今週末の準決勝は イングランド対フランス、南アフリカ対アルゼンチンとなりました。さーて、どこが勝ち上がってくるかなぁ? 

<放送予定>

◆J SPORTS Plus

イングランド対フランス 10/13(土) 27:45~30:00

解説:小林深緑郎/藤島大
実況:谷口広明
開催日:2007年10月13日
会場:サンドニ/スタッド ドゥ フランス

南アフリカ対アルゼンチン  10/14(日) 27:45~30:00

解説:村上晃一/藤島大
実況:谷口広明
開催日:2007年10月14日
会場:サンドニ/スタッド ドゥ フランス

深い時間ですねえ。ライブで観られるかなあ。


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 7

コメント 11

トリック

ダグ・ハウレット選手が酔っ払って暴れたのは残念ですが、ローテ・トゥキリ選手だったら納得しちゃったかも。
by トリック (2007-10-12 00:39) 

最近はスポーツ界のマナーも
低下しましたね、相撲界も。
by (2007-10-12 01:34) 

アニ

もうオールブラックスもワラビーズも負けちゃったので、私のワールド
カップはほぼ終了状態なのですが、ダグのニュースはほんとびっくり
しましたねー。

あのスピードで暴れられたらたまったもんじゃないだろうなーと余計な
心配をしてしまったのですが(笑)しかし今大会もこんなに早く姿を
消してしまうとは…

どこが優勝するのでしょうか?
by アニ (2007-10-12 08:56) 

HAL

NZは選手だけじゃなく、国民も荒れてるみたいですね~(^^;
by HAL (2007-10-12 12:17) 

初めまして。ナイス&訪問ありがとうございます。
オールブラックスが負けて、未だに燃えつききれないでいます。
でも、最後までラグビーを見たいと思います。
やっぱりラグビーが好きです☆
by (2007-10-12 13:00) 

サファイヤ

☆rugbyhead さん
ハウレット選手、いけませんね。そりゃーむしゃくしゃしたんでしょうが、
オールブラックスの名をけがしてしまいました。残念。
ツゥキリは、出場停止まででお願いします。

☆こうちゃん
そうですね・・・。一流の選手には特に自分を律する気持ちを忘れないで欲しいですね。自分の振る舞いには気をつけてもらわなきゃ。
by サファイヤ (2007-10-12 16:14) 

サファイヤ

☆アニさん
私もNZを応援していましたが、消えましたね。まさかここでコケるとは予想もしませんでした。ハウレットの事件もありと、NZは泣きっ面に蜂ですね。
私はまだ、W杯モードですよ。こうなると優勝がどこになるか予想は難しいです。どこが優勝してもきっと凄いゲームが待っていそうな気がします。

☆HALさん
そうらしいですね。負けたら、NZ国内では夫から妻への暴力が増えたとか・・・。本当か? とにわかには信じられませんがね。そこまで入れ込んでいるんですね。
by サファイヤ (2007-10-12 16:22) 

サファイヤ

☆せつこさん
いらっしゃいませ。
まさか、まさかのオールブラックスの敗退。
マコウも帰国してしまいましたが、まだまだワールドカップは続きますよ。
決勝戦まで楽しみましょう♪ 
by サファイヤ (2007-10-12 16:48) 

あまちゃん

オーストラリアはジャパン戦が一番気合が入っていました。
NZはお子ちゃま集団のようです。
フィジーの健闘は面白かったです。
スコットランドもホームユニオンの意地を見せましたね。
by あまちゃん (2007-10-13 23:05) 

かるろす まこう

いろいろと残念な事が多いですね。
でも一番驚いたのがワラビーズの敗戦でした。
オールブラックスは予選の戦いぶりを観てやっぱりなぁと思っていたので驚きはなかったです。
むしろスコアこそ違うけれど32対30でフランスに敗れる夢をみて結果を知った時、同じ2点差だったという方が驚きでした。正夢だったのです。
ハウレットの件も残念です。
注目を浴びている方は言動に注意してもらわないと。
インタヴューを聞いていてアホ丸出しの方も気分が悪いし、
“結果が出ない”という誤った言葉も聞きたくありませんね。
by かるろす まこう (2007-10-14 12:26) 

サファイヤ

☆あまちゃん
さすが。短いながらも、各チームの雰囲気が伝わってきます。
NZのおこちゃま集団とは、ありゃ~。

☆かるろす まこうさん
NZにとっては、悪夢でしたね。予選の戦いぶりでフランスに負ける予感がしましたか。すごいです、その読み。
ワラビーズもなんとなく負けてしまった感じですが、イングランドのプレッシャーは良かったですよ。
そうそう、オールブラックスの一員だったことに、もっと誇りをもって言動をして欲しいです。
by サファイヤ (2007-10-16 00:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。