So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

TL第4節 神戸製鋼 V.S. NEC を観戦する [神戸製鋼ラグビー]

2か月ぶりの更新です。それに、とっても遅いエントリー恐縮です(^^;
神戸製鋼は、
勝つには勝ったけど、なんだかスッキリしなかったなぁ・・・。NECのミスにも助けられた感じ。上位チームだったら難しいね。そんな印象でした。


【トップリーグ 17/18 第4節】 2017.9.8(金) 19時30分 K.O. 秩父宮


NEC ● 12-29 神戸製鋼 (前半 0-21)   


前半3分、CTB重が左中間にトライ(G成功 0-7)を決める。 むむ? ベッカーさんが、オブストラクションじゃない?と思ったが、判定はトライだ。ルーキーやるねぇ! と嬉しくなる。11分、今度は、CTB山中がNECのパスをインターセプトし60m独走。ゴール中央にトライ(G成功 0-14)。14分、FL安井がDFの裏に出てビッグゲインしSHエリスにパス。そのままエリスが中央にトライ(G成功 0-21)。と、イケイケだで楽しいかったのは、ここまででした。この後は、日にちも経っているので殆ど記憶に残っておりません。前半終了間際、敵陣深い所まで攻めていたのに、逆襲されてトライを許すか!? とヒヤヒヤしたがタッチに出て得点は許さなかった。でも、後半の戦いが心配だったわよ。なんせ、去年は負けてるからね。前半は、0-21とリードで折り返す。


s-DSC00595.jpg s-DSC00629.jpg


後半に入ると、案の定NECの勢いが出てきた。あぅ、流れを持っていかれるぅ、と思った時WTB大橋が、ビッグタックルでチームを鼓舞する。大橋選手って体は小さいけどいい仕事するんですよね。なかなか点数が動かなかったが後半11分、NECのFBにトライを奪われ(G失敗)5-21。神戸製鋼も攻めるけどなかなか得点できない。ラインアウトのミスやら、ゴール前に迫ってるのに仕留め切れない。あ~、じれったい! 16分、PGを狙い 5-24と引き離す。後半30分、敵陣ゴール前でのスクラムから、No.8前川が左ブラインドサイドを抜け左隅にトライを決める(G失敗 5-29)。もぅ~、ここまで長かったよ(ヤキモキ)。しかし、35分、自陣ゴール前での相手ラインアウトからモールを押され、左中間にトライを奪われる(G成功 12-29)。あ~、やられちゃった"(-""-)" ここのディフェンスが淡泊に見えたのは、私だけですか? そのまま12-29で試合終了。



s-DSC00688.jpg 


s-DSC00718.jpg 


s-DSC00736.jpg


後にトライされなければ、ボーナスポイント獲得で5点追加だったのにね。最後に、この1点の違が響かなければいいけど。今シーズン最初の神戸製鋼観戦は、何ともスッキリしないゲームでした。次の東芝戦が、とっても思いやられるわ。 



↓ 前川キャプテン。もぎりは、迫力ありました。


s-DSC00727.jpg


↓ アダム・アシュリークーパー! この選手を生で見られるとは(^^♪


s-DSC00709.jpg


↓ この日のMOMは、ルーキーの重選手。今後、注目したい選手の一人。
 後ろをアシュリークーパーさんが通ってますね(笑)。


s-DSC00743.jpg


ディフェンスもアタックも、もっと磨いて東芝戦に臨んでください。
今シーズンも応援するぞ。



nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ

サンウルブズ ブルーズに勝つ! [海外ラグビー]

最後のゲームで、やってくれましたヽ(^o^)丿 サンウルブズが、あのブルーズに圧勝です!  これって、夢じゃないよね(嬉)!?


【結果】
スーパーラグビー2017 第17節
2017.7.15(土) 12時05
分K.O. 東京 秩父宮ラグビー場

サンウルブズ 〇 48-21 ● 
ブルーズ (前半14 - 21)




前半は、ブルーズのパワーと上手さで3トライを奪われ、ちょっち嫌な雰囲気。それでも、この日のサンウルブズは、果敢に立ち向かった。17分には、ラファエレがゴールポスト下にボールをねじ込み、39分には、松島→徳永→内田と繋ぎ2本目のトライを決め 14-21 で前半終了。1トライ1G差と食い下がる。


後半に入り、最初に得点したのはサンウルブズだった。14分、交替出場して早々の山中が、インゴールでブルーズの選手が処理をミスしたボールを抑えてトライ。19分、この日一番の見せ場が来た。敵陣ゴールに向かってバックスもモールに入りグイグイ押し込む。ブルーズは、たまらずモールを崩し認定トライを勝ち取り 24-21と逆転する。


24分には、茂野が相手ディフェンスの穴を突きトライを決め引き離す。後半は、時間が経過する程に集中力が増したように見えた。29分、36分とラファエレが連続2トライ、39分オリンピアン徳永がタッチライン際で相手をかわしダメ押しのトライを決めノーサイド。


いいゲームでした。猛暑の中でよく勝ちました。終わってみれば、8トライの猛攻。ニュージーランドのチームに勝ったことは、きっと選手たちにとって自信になることでしょう。ディフェンスも前に出てプレッシャーをかけ続けていました。後半は、ブルーズを無得点に抑えたのも素晴らしいです。最後まで集中している様子が伺えました。シンドイことを避けてなかったね。こんなゲームが見られて私は嬉しいよ。


さて、スーパーラグビーが終わると8月からトップリーグが開幕します。日本代表、スーパーラグビー、トップリーグと一年中プレイをすることになる選手たちへの負担が気になります。日本代表の強化を最優先に考えると、マネージメントする側には、緻密な計画と素早い行動が求められますね。


<おまけ>

後半39分 徳永のトライ後。田邉アシスタントコーチの表情に注目(笑)!!



nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

廣瀬俊朗に会う [日記、備忘録]

先日、ひょんなことから、元日本代表キャプテンの廣瀬俊朗さんに会う機会がありました。

その、ひょんなことというのは、今年の4月1日に開催された明治大学アカデミーコモン オープン講座「ラグビーW杯2019年に向けて-歴史的勝利の裏側と新たなステージへ」という講座を聴いたからなんですが、その三か月後に、まさか、お目にかかれるとは思いもしませんでしたよ。本当なのか? これは、現実なのか? と自問自答してしまいました(笑)。廣瀬さん、行動早かったです。さすが!


1時間程お話しをしましたが、実に感度が良く、明るく、落ち着いていて、勉強熱心な方で驚きました。ラグビー界にこんな若者がいてくれるとは、頼もしいです。


できれば、もう少しお話ししたかったなー(笑)。しっかり、サインももらったわ。


s-DSC00434.jpg


なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)

なんのために勝つのか。 (ラグビー日本代表を結束させたリーダーシップ論)

  • 作者: 廣瀬 俊朗
  • 出版社/メーカー: 東洋館出版社
  • 発売日: 2015/12/21
  • メディア: 単行本


タグ:廣瀬俊朗
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ラグビーW杯2019 プール分け決定 [ラグビー関連イベント、情報など]

5月10日 京都迎賓館で抽選が行われましたね。当日、JSPORTSさんのオンデマンドを見ながら、なんだか緊張しちゃったわよ。


【プールA】アイルランド、スコットランド、日本、ヨーロッパ1、ヨーロッパ・オセアニアプレーオフ1

【プールB】ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、アフリカ1、敗者復活予選優勝チーム 

【プールC】イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカズ1、オセアニア2 

【プールD】オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、オセアニア1、アメリカズ2


日本はプールAで、アイルランド、スコットランドと戦うことが決まりました。スコットランドといえば、2015年大会では、唯一負けた相手。SHレイドローの憎らしいほどのプレイにやられて悔しかったー(>_<)。今度こそ勝って欲しいですが、ラグビー伝統国であるスコットランドは、勝ち方を知っているチームです。簡単に勝てる相手ではありません。さらに、アイルランドは、エディさん率いる連勝中のイングランドに勝利する勢い。もちろん強敵。それに、予選を勝ち上がってくるチームも、アジアラグビーチャンピオンシップのような戦いぶりだと、負けます。昨日の日本対香港のゲームは、酷かった。若いチーム、経験が少ない、とはいえ、日本代表としての自覚が、まだまだ希薄だな。まあ2019年に勝ってくれれば、それでいいです。


プールBに、ニュージーランドと南アフリカという、決勝戦のカードじゃないの(笑)?と思うチームが同じプールになりましたね。プールCのイングランドとフランスも見ものです。と、これから2019年まで色々なことを思い巡せながら楽しもう。


日本代表には、エディーさんがやった以上の準備をしていただきたい。切に願ってます。

nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

オールブラックスが、東京でタックルしまくる!? [ラグビー関連イベント、情報など]

AIGジャパン・ホールディングス株式会社が、グローバルパートナーである
オールブラックスとのスペシャルムービーを公開しました。

山の手線に乗り込んだ選手たちが、渋谷に降り立ちスクランブル交差点を走り出すと、
東京都内の各所で、選手たちが待ち行く人たちにタックルをしまくります。
熊の着ぐるみの頭は吹っ飛び、挙句の果てには車まで止めてしまいます。
それはまるで、ゴール前でのディェンスのよう(笑)。

タックルされて吹っ飛んじゃう方が危険じゃない? って思っちゃう~わっはは。

でも、主旨は、違うからね。良い子のみんなは、真似しないようにね。

街中でもしオールブラックスの選手たちが、こんなふうに歩いていたら
もちろん、ついて行きます。あはは。 


nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -